スポンサードリンク

美輪明宏ヨイトマケ紅白熱唱!金運・幸運・恋愛運アップ待ち受け!?本名

美輪明宏 画像大晦日のNHK紅白歌合戦では目玉として矢沢永吉さんとMISIAさんを

大プッシュする予定です。

 

その一方で、本番に立ち会う音楽関係者の間でもっとも「見もの」と

されているのが美輪明宏さんです。

 

 

意外にも美輪明宏さんは今回が紅白初出場。

うわさではNHKが紅白出場で美輪明宏さんにOKをもらうのに

3年もかかった。それほど出場してもらいたかった歌手だそうです。

 

 

 

 

 

この思いを込めて美輪明宏さんは6分近くある「ヨイトマケの唄」を
フルコーラスで披露することになっています。

 

 

「ヨイトマケの唄」は桑田佳祐さんや、槇原敬之さんなど

多くの実力のある歌手たちがライブなどで歌っている名曲といえます。

その「ヨイトマケの唄」を美輪明宏さんの生の歌で聴けるというのは

関係者や歌手の間でもとても楽しみに心待ちにしているとか。

 

 

独特の世界観を醸し出している美輪明宏さん(本名 丸山明宏)の

不思議なオーラと圧倒的な歌唱力もまた美輪明宏さんの魅力です。

 

 

美輪明宏さんの歌もそうですが、ほかにも美輪明宏さんの“不思議な力”として

美輪明宏さんの画像を携帯電話の待ち受け画面にしていると金運がアップするとか

幸運になるとか、恋愛成就するといううわさで多くの人が

美輪さんの不思議な力にあやかりたいと待ち受け画像としています。

 

 

そんな特別な美輪明宏さんと一緒に写真を撮りたいと思っている人が

歌手や関係者の間にもひそかにたくさんいるようです。

今度のNHK紅白でも赤組白組問わず、美輪さんとご一緒したいと

願っている歌手などもいることでしょう。

 

 

ヨイトマケの唄は作られたのが古い時代の歌ですが

いまだからこそ一度聴いてもらいたい歌です。

 

ヨイトマケの唄 美輪明宏

 

すごい歌だと思います。

歌詞がまた深くてなんともいえないすごみというかせつない思いが刻まれていて

聴く人ごとにイマジネーションがわいてくると思います。

そしてこの歌にまつわるさまざまなエピソードがあるんですが、

一貫して美輪明宏さんの想い・主張があり、多くの方たちに影響を与えてきています。

 

 

そのひとつに、このヨイトマケの唄の作詞・作曲のきっかけになったのが、

当時きらびやかな衣装でシャンソンを歌っていた美輪さんが、興行主の手違いで、

ある炭鉱町の劇場でコンサートをすることになりました。

美輪さん自身は炭鉱町でのコンサートにあまり乗り気ではなかったのですが、

炭鉱労働者の人たちが安い給料をつぎ込んで高価なチケットを買ってくれて、

コンサート会場の客席を埋め尽くしているのを見た美輪さんは衝撃を受け、

「これだけ私の歌が聴きたいと集まってくれているのに、

私にはこの人たちに歌える歌がない」と感じて、

労働者を歌う楽曲を作ることを決意したといういきさつがあります。

 

 

この曲の深みにはそういった想いも込められていたんですね。

紅白でヨイトマケの唄をライブで観ることができるのは貴重な体験になりそうです。

 

ヨイトマケの唄 歌詞

父ちゃんのためなら エンヤコラ
母ちゃんのためなら エンヤコラ
もうひとつおまけに エンヤコラ

1.
今も聞こえる ヨイトマケの唄
今も聞こえる あの子守歌
工事現場の ひるやすみ
たばこふかして 目を閉じりゃ
聞こえてくるよ あの唄が
働く土方の あの唄が
貧しい土方の あの唄が

2.
子供の頃に 小学校で
ヨイトマケの子供 きたない子供と
いじめぬかれて はやされて
くやし涙に くれながら
泣いて帰った 道すがら
母ちゃんの働く とこを見た
母ちゃんの働く とこを見た

3.
姉さんかむりで 泥にまみれて
日に灼けながら 汗を流して
男にまじって 綱を引き
天にむかって 声あげて
力の限りに うたってた
母ちゃんの唄こそ世界一
母ちゃんの唄こそ世界一

 

 

 

Sponsord Link


関連記事一覧

コメントを残す




婚活