スポンサードリンク

織田裕二仕事激減!ドラマは?家は?ゲイ?結婚生活と離婚?妻?CM

織田裕二 画像織田裕二さん主演のヒットシリーズ最新作「踊る大捜査線 THE FINAL」が59億円を超える興行収入で大ヒットしました。

 

さぞ織田裕二さんも喜んでいると思いますが、
意外にも深刻な状況だといいます。

 

その深刻なこととは「踊る大捜査線 THE FINAL」以降目立った仕事が入っていないそうです。

 

 

CMの仕事をいくつかしているだけで今後の映画やドラマの出演の目途がたっていないそうで、織田さんは危機感を感じているようです。

 

たしかに映画出演後はドラマの予定も聞きませんし、
CMでは変な二股浮気や犬のコスプレでかぶりもの(犬耳)して「織田裕二がこんなことやってる!?」と驚きました。
けっきょく仕事がなくなってしまって選べる状態じゃなかったからそんな仕事でもするしかなかったのでしょうか?


織田さん側では以前は山本高広さんにものまねをされて猛抗議していわゆる「モノマネ禁止令」で強引にやめさせたこともありましたが、
そんな織田さんからはいま流れている“しょうもないCM”などは考えられませんよね。
そもそも織田さんじゃなきゃ務まらないような内容じゃないし。
プライドとか捨てて仕事するようになったんでしょうか。

 

そんな織田さんが深夜のドラマに主演することになったそうです。
通常なら深夜ドラマなどには出ることはない織田さんですが、
件の仕事がない状態でギャラも3分の1でもいいからと織田さん側から直訴したようです。
それほど切羽詰って焦っているということですね。

 

映画やドラマのヒットでさぞや蓄えがあるのになぜギャラを3分の1にしてでも仕事がほしいのか理解できません。
でもそれには理由があるようです。

 

織田さんはアメリカ。サンフランシスコに4軒の不動産を持っているそうで、
購入時のレートで総額8億1850万円にもなるといいます。
この物件の維持管理費だけで相当になるといい、
収入が激減したことで仕事を選ばない方針になったんじゃないかと思われます。

 

ところで織田さんには以前から不穏なうわさがあります。
今回の話にあがっているサンフランシスコの不動産は世界有数のゲイタウンがある場所です。
以前から織田裕二さんの周囲にはゲイの話が尽きません。
織田さんは2010年8月にモデルで美容研究家の野田舞子さんと結婚していますが、
この結婚にも疑惑がつきまとっています。
件のサンフランシスコの不動産も個人名義から生きているうちに財産の名義を別人に移す制度に変更したものの、相続の受益者は舞子夫人ではないそうです。
織田裕二 妻 画像

 

 

 

 

 

ではいったい誰を相続人にしているのか?
新婚当初、夫婦でキャンプに出かけても別行動をとるなどの不自然な様子を女性誌に報じられたりもしました。

 

プライベートをいっさい出さない織田裕二さんですが、現在の仕事がない状況から鉄壁のガードが崩れ始め、謎だったプライベートな部分が徐々に表に出てくるかもしれませんね。

Sponsord Link


関連記事一覧

コメントを残す




婚活