スポンサードリンク

箱根駅伝中継がすごい!記録的動員!日テレ祭り!アクシデント注意!

箱根駅伝箱根駅伝2013が間近に迫っています。

 

今回の第89回箱根駅伝(2013)では日テレが中継車・スタッフを

総動員して中継に臨みます。

 

今回の箱根駅伝2013はいままでで最大の人員と機材を動員して放送されます。

 

 

日本テレビは、2013年1月2、3日に行われる毎年恒例の

「箱根駅伝」(第89回東京箱根間往復大学駅伝競走)の

模様を生中継する予定だが、

その中継にはポイント50カ所、カメラ81台、中継車12台、

移動中継車2台、移動中継バイク4台、

中継ヘリコプター3機の体制で臨む。

 

 

今年も、東京・湘南・箱根の3地点の放送センターで分担し、

映像と音声をリレーしながら生中継する計画で、

制作・技術・アナウンスの全スタッフ総計は1000人におよぶ。

 

 

中でも実況およびリポートを担当するアナウンサーは14人で、

記録をサポートするサブアナウンサーの6人も加えると20人を動員することになる。

このアナウンサー20人が学校担当制を組み、1年がかりで取材を繰り返した。

出場する選手200人全員のプロフィールや意気込みを直接調べて

放送に臨むことになっている。

この選手情報を皆で共有したうえでそれぞれがマイクの前に向かい、

往復14時間にわたる駅伝を実況する予定だ。

 

 

また箱根駅伝の放送内では、今年も恒例の「今昔物語」という

企画VTRを放送予定で、鋭意制作中。

 

 

正月が近づくにつれ、箱根駅伝の話題も盛り上がってきています。

周囲でも箱根駅伝で毎日話題になっています。

とくに往路・復路、そして総合優勝の予想は熱くなります。

 

 

また、区間賞や各大学のエースの走りを予想するのも盛り上がります。

今回は「山の神」不在で、それだけに各大学とも実力伯仲ともいえ、

混戦が予想されるだけにどこが優勝してもおかしくありません。

 

 

たとえば10月8日におこなわれた出雲駅伝では

東洋大学・中央大学・駒澤大学・早稲田大学といった強豪から

優勝チームが出るという大方の予想を裏切って

青山学院大が大会新記録で初優勝をしました。

 

 

このように群雄割拠といえる駅伝ですが

今度の箱根駅伝2013ももしかしたら大番狂わせがあるかもしれません。

それだけに見どころが多く目が離せないのが駅伝の面白さでもあります。

レース中の駆け引きやアクシデント、それぞれのチーム・選手のドラマがあり

襷ひとつにさまざまな思いをこめて走る駅伝にはほかのスポーツにはない

面白さがあります。

 

 

正月恒例の楽しみのひとつになる箱根駅伝。

ぜひライブで見てみることをお勧めします。

Sponsord Link


関連記事一覧

コメントを残す




婚活