スポンサードリンク

西川史子母の子育て論?性格?家は?学校は?離婚危機!?

西川史子 画像西川史子さんが今年に入って受難続きです。

 

まず「サンデージャポン」(TBS系)の番組生放送中にいきなり夫が出ていってしまったことを突然涙ながらに言い出し、共演者たちも唖然とする、なんていうことがありました。

 

西川史子さんが不幸なのは行いが悪いから!?

 


西川史子 離婚

 

 

 

 

 

 

けっきょく夫の家出の原因は西川さんのごみの出し方に問題があったようですが、
翌週の放送では無事に夫が戻ってきたことを報告して
離婚の危機にならずに事なきを得たようです。
この件については受難というより西川さんに問題があり、
西川さん自身も非を認めていましたね。

 

さらに不幸だったのは自宅でパーティーをしようと、
高いところの物を取ろうとして乗っていた椅子から足を滑らして転倒、
右足の靭帯を傷め、ギブスをする羽目になりました。
かなり痛々しい姿でテレビに出ていました。
今年に入って本当についてないですね。

 

そんなついてない西川史子さんですが、
最近、西川史子さんの母親、令子さんの独自の子育て論
「西川家の教え」が話題になっています。

 

西川史子 令子 画像

 

 

 

 

 

 

その「西川家の教え」8か条が驚きです。
たとえばテストで100点をとったら1万円というものがあります。
西川さんが言うには「自分は頭がよかったから小学校のときは(もらえる額が)すごかった」といいます。

 

① 勉強ができないのは恥ずかしいこと
② 体育の時間は全力で走らず、体力温存を
③ 図工や家庭科の提出物はプロに頼め
④ 勉強していれば、お金は好きなだけ使ってよい
⑤ 集合写真に写るときには、必ず真ん中に
⑥ 人の悪口は自宅で思う存分吐き出して、外では社交辞令を
⑦ 先生にえこひいきされる存在になれ
⑧ 使えるコネは、どんどん使え

 

「体育の時間は全力で走らず、体力温存を」では算数や国語を一生懸命やるためには体育はちょっとやめておけ、ということらしいです。
「図工や家庭科の提出物はプロに頼め」はプロの人にちょっと下手に描いてもらったり、ちょっと下手に縫ってもらったりしたそうです。
絵画教室の先生洋裁教室の先生にお金を払って“ちょっと下手に”作ってもらう。
すべてはお金で解決なんですね。

 

「人の悪口は自宅で思う存分吐き出して、外では社交辞令を」では
自分の自慢話や他人の悪口は毎晩食卓を囲んだときに家族4人で言い合うことでうさばらし。
「先生にえこひいきされる存在になれ」では過去に先生にひいきされて
周囲の友達からいじめられることがありました。
そのときに母親の令子さんから「ひいきされるほうがえらい。ひいきされるような人間にどんどんなりなさい。お母さんの一番好きな言葉は“えこひいき”よ。」と言われたとか。
そして小学生のころから一貫して言われ続けてきた「注意すること」は
薬と妊娠には注意しなさい、と言われてきたようです。

 

こんな強烈な子育て論から、いまの個性的な性格の西川史子というのが
できちゃったんですね。
でもいまのだんなさんとの家庭で同じような教育論をやっていると、
だんなさんも嫌気が差して本当に出て行ってしまう離婚の危機が本当になってしまうのでほどほどにしたほうがよさそうですね。

 

踊る踊る!さんま御殿!!① 芸能人家族大暴露SP
[高画質で再生]

踊る踊る!さんま御殿!!① 芸能人家族大暴露SP [小説]

Sponsord Link


関連記事一覧

コメントを残す




婚活